JAグループ滋賀について

JAとは

JA(農業協同組合)とは?

  • JA(農業協同組合)は、
    農家を中心とした組合員が、
    農業経営と生活を守り、
    よりよい地域社会を築くため
    組織された協同組合です。

  • 組合員の想いを実現するため、
    相互扶助の精神のもと、
    さまざまな事業に
    取り組んでいます。

指導事業
  •  JAは多くの事業に取り組んでいますが、その土台になる事業が指導事業です。指導事業には「営農指導」と「生活指導」があり、組合員に対する営農技術や農業経営の指導をはじめ、組合員や地域住民のさまざまな願いをかなえ、地域の活性化につながる活動を行っています。

販売事業
  •  組合員の生産する新鮮で安全な農畜産物を、JAが集荷して販売することを販売事業と呼んでいます。卸売市場等に出荷・販売するだけでなく、地元で採れた農畜産物を地域で消費する“地産地消”を、県内各地でJAが直売所を運営し進めています。

購買事業
  •  肥料や農薬など農業生産に必要な資材と生活に必要な物資を共同購入し、それを供給する事業です。購買事業の取扱い品目は、多岐にわたり、プロパンガスや灯油などの燃料関係から住宅関連資材等も取り扱っています。

信用事業
  •  貯金、融資、為替などのいわゆる銀行業務が信用事業です。全国のJAグループの信用事業がまとまった総称が「JAバンク」です。JAも民間金融機関の一つであり、銀行や信用金庫と同様に、組合員だけでなく地域のどなたでもお気軽にご利用いただけます。

共済事業
  •  JA共済は、一般の保険でいう生命保険と建物や自動車などの損害保険の両方の機能を兼ね備えており、万が一の病気や災害に加入者が協同して備え、農業経営や生活の安定をめざすものです。JA共済も、組合員だけでなく地域のどなたでもご利用いただけます。

 「JAファクトブック」では、JAについて、組織や事業の仕組み、様々な活動をわかりやすく紹介しています。以下のバナーよりご覧ください。(JA全中作成の外部ページにリンクしています)

JA FACT BOOK
JAタウン
おいしがうれしが
こだわり滋賀ネットワーク
日本農業新聞