JAグループ滋賀について

JAしが女性協議会

活動報告

活動報告(年度別)

女性部活動報告一覧ページはこちら

女性部の紹介

令和2~3年度の活動(動画)

JAしが女性協議会 コロナ禍での活動 ワン・ツー・スリー!!

 令和2年度は、新型コロナウイルスの感染拡大により、JAに集まれなくてもこの時期だから自分たちでできることを見つめてみようと、女性部員・組合員を対象に第1弾「家中(いえなか)活動」を企画。対象をさらに広げたいという思いから、女性部員から県民に対象を広げ、「近江米がすすむおかず部門」・「『家の光』・『ちゃぐりん』を使った家中活動部門」を内容とした第2回目を企画しました。その次に、「JA女性部の活動を言葉で伝えましょう」を合言葉に今私たちができることや次世代対策について、集落や支部ごとに話し合う第2弾「言伝(ことづて)活動」を企画し、女性協議会からの経費助成も行いました。

 また、みんなのよい食プロジェクトを進めるために、滋賀県産の栽培野菜をモチーフにした笑味ちゃん手ぬぐいを作製し、第3弾としてレジ袋の有料化に伴うエコバックを考案。新型コロナウイルスへの対応が長期化するなか滋賀県知事に医療支援募金50万円と「笑味ちゃんエコバック」の贈呈を行いました。

他にもこんな活動を!
  • 医療従事者支援として、女性協から県へ募金を行いました。
  • エコバッグ作り
  • 「家中(いえなか)活動」の一環として、笑味ちゃん手ぬぐいを活用したエコバッグ作りを各JAで行いました!
  • 家中活動作品集作成
  • 「家中活動コンテスト」にご応募いただいた作品を、作品集としてまとめました!

 各JAの女性部では新しいメンバーを随時募集中です!
 お近くのJAにご連絡ください。(こちらからお探しいただけます)

概要

 戦後まもない頃、農村女性は古い家制度や村のしきたりによって、差別的処遇を受け、権利がほとんどありませんでした。そのような中で農村女性の地位向上のため、農業をしている女性の組織として、農協ごとに農協婦人部がつくられはじめました。

 滋賀県農協婦人部連絡協議会は滋賀県内の農協婦人部の協議体として、全国に先駆けて発足しました。

 現在では、「JAしが女性協議会」と名称を変更し、滋賀県内7JAの女性組織で構成しています。

設立 昭和24年10月24日
部員数 5,139人(令和3年3月末日現在)
役員 会長 上田 和子
副会長 杉田 英子
副会長 多賀 君子
監事 松井 美子
JAしが女性協議会
会長 上田 和子

令和3年度の主な活動計画について

1. 活動の基本方針

 令和3年度はJA滋賀女性組織3カ年「JA女性地域でかがやけ50万パワー☆」の実践3年目です。3カ年計画の5つの重点実施事項((1)食を守る(2)農業を支える(3)地域を担う(4)仲間を作る(5)JA運営に参画する)について、共通の認識を持ち、同計画を実践するなかで、新しいことに挑戦し、協同組合の一員として学習活動をすすめ、食・農・地域の活性化をはかります。

 また、国連が採択した持続可能な社会を築く目標であるSDGsを意識し、食と農を基軸とした活動の展開に取り組みます。

 なお、令和3年度については新型コロナウイルス感染拡大状況を注視しつつ各事業の取り組みを進めることとします。

2. 活動の具体策
1. 食と農を基軸とした活動の実践
  1. 地産地消運動の実践
  2. 食農教育・伝承料理の継承の実践
  3. 農業生産・直売所等出荷への実践による担い手づくりの推奨
2. くらしをベースとした活動の実践
  1. 消費電力削減運動
  2. 住みよい地域社会づくりの実践
  3. くらしづくりの実践
  4. 助けあい活動の実践
  5. 支店協同活動等への参加・参画
3. わたしたちの組織・組織運営
  1. 仲間づくり運動の展開
  2. JA女性部代表者・事務局合同会議および研修会の開催
  3. JA女性組織担当者会議および研修会の開催
  4. JA女性部大会の開催
  5. 近畿地区JA女性リーダー研修会等への参加
  6. 「JAしが女性協議会仲間づくりの旅」の実施
  7. JAしが女性協議会への加入促進
  8. フレッシュミズ組織に対する支援
  9. JA常勤役員・幹部職員との意見交換会の実施と推奨
  10. JA女性組織メンバ―の組合員加入運動
4. 積極的な情報発信と教育文化活動の実践
5. 『家の光誌』の普及活用と家の光事業との連携
JAタウン
おいしがうれしが
こだわり滋賀ネットワーク
日本農業新聞
乃木坂 国消国産
国消国産
SDGsとJAグループ