JAグループ滋賀について

滋賀県農協青壮年部協議会

概要

 JAの青年部や青壮年部は、農業を営む青壮年の組織で、JAの組織(情報、人材、施設、設備)を活用するとともにJAの経営に参画する青年農業者の組織です。

 「農」をキーワードに多種多様な青壮年が集い、活動を通じて県内外での仲間づくりに励み、若いエネルギーとアイデアで地域農業の活性化を図っています。

 滋賀県農協青壮年部協議会は滋賀県内のJAの青年部や青壮年部の協議体です。

設立 昭和28年3月4日
盟友数 66人(令和2年4月1日現在)
役員 委員長
湯ノ口 絢也(JAグリーン近江)
副委員長 山口 裕貴(JAレーク大津)
副委員長 川﨑 俊介(JA栗東市)
委員 森 政隆(JAレーク大津)
委員 里路 久光(JAグリーン近江)
参与 田井中 与寛(JAグリーン近江)
参与 河南 聡寿(JAグリーン近江)
監査委員 蒲生 聡(JAグリーン近江)

活動内容

構成員組織、盟友交流会の開催

 定期的に盟友が集まり、食事を交えながら交流会を行います。若い担い手が集まり意見を交換したり談笑したりしながら盟友同士の仲を深め、結束を高めます。

近畿地区JA青年大会に参加

 近畿地区の青壮年組織が一堂に会し、各府県毎に日頃の活動成果を発表します。近畿地区の他府県の盟友の経営や思いを知ることができ、様々なアイデアや意見を取り入れていくことができます。また、他府県の盟友との交流も深めることができます。

JA全国青年大会に参加

 近畿地区JA青年大会の発表で勝ち抜いた盟友がJA全国青年大会で発表をします。各都道府県の代表者が発表するので活動によい刺激を受けることができ、全国各地に知り合いを作ることもできます。

全国盟友に対する支援(募金活動・支援物資の提供)

 青壮年部組織の盟友に垣根はありません。災害などの被害に遭い困っている盟友たちには募金活動や支援物資の提供によって助け合います。逆に自分たちが困っていれば全国の盟友が支援してくれます。

各種研修会等の実施

 県内での研修会開催や、時には県外へ赴いて見学をすることにより各々のスキルを向上させることができます。

ポリシーブックの作成

 「自分たちの行動目標」と「積み上げによる政策要望」を、盟友が集まり検討を重ね、滋賀県版としてまとめたポリシーブックを作成しています。

主な活動内容(令和2年度)

1.基本方針

 農業を取り巻く環境が非常に厳しい状況が続く中で、地域農業を維持・発展させ、盟友の安定した農業経営を確立するため、我々はJAと一体となって組織力を発揮し、消費者等を巻き込んだ活動を行う。

 また、組織基盤を強固なものとするため、全国の盟友や他の青年農業者団体との交流を行うとともに、会員の主体的な参画による魅力ある活動を行い、組織未設立JAに対する組織設立に向けた働きかけを引き続き行う。

2.重点活動
1. 組織の活動を充実させるための取り組み
  1. 組織未設立JAに対する組織設立の働きかけ
  2. 県青協未加入組織への働きかけ
  3. 会員組織の基盤強化に向けた支援
  4. 県内青年農業者または盟友同士の交流
  5. 県内若手農業者と協議会役員との意見交換会
  6. 近畿地区JA青年大会・JA全国青年大会の参加および他府県の盟友との交流
  7. 『地上』を活用した普及・学習活動
2. 地域農業の振興・農村活性化に向けての取り組み

 盟友の声を国等の農業政策に反映させるため、以下の事項に取り組む。

  1. 農政課題等に直面する諸課題に関する学習活動の実施
  2. JAグループと一体となった農業振興・農村活性化にかかる活動の展開
  3. 本県選出国会議員との意見交換会
  4. JAスマート農業推進会議の開催(JA滋賀中央会・JA全農しがと共催)

主な活動実績(令和元年度)

1. 組織強化に向けた取組み・青年大会での発表など
  1. 青壮年部設立の推進および県青協への加入推進を実施した。
  2. 盟友交流会・学習会を開催し、盟友同士の親睦を深め、組織の結集力の強化を行うとともに、盟友における「環境こだわり農業」に関する知識の強化を図った。
  3. 近畿地区JA青年大会(奈良県)に参加するとともに、同大会でJAグリーン近江青年部盟友が「青年の主張」を行った。
  4. 委員長等が都道府県委員長・事務局合同会議へ定期的に参加した。
2. 地域農業の再建、農村の活性化に向けた取り組み
  1. 本県選出与党国会議員との意見交換を行った。
  2. JAグループ滋賀マルシェin西武大津店へ出展した。
  3. JAスマート農業推進会議をJA滋賀中央会・JA全農しがとの共催により開催した。
JAタウン
おいしがうれしが
こだわり滋賀ネットワーク
日本農業新聞